奮闘記1:妊娠判明(2019/1/18〜2019/2/19)

/私は生理不順ではなく、大体30日程度の周期で毎月来ていた。

この時は1月11日が生理の予定日だったけど、来る気配はなく自分的に「赤ちゃんが出来たかも!」と生理が1日遅れただけそんな予感がしていた。

そして我慢して迎えた生理から7日目。以前から少し通っていた婦人科に予約を取り、仕事終わりに受診した。

エコーでお腹を見た際、小さな袋が見えた。「あれ?妊娠してなかったのか。」と思っていると先生に妊娠してますね。良かったですね。」と言われた。

そのあっさりとした態度に「こういう時は(おめでとうございます!)じゃないの?」と思いながら、先生は毎日何人もの妊婦さんを見ているんだから、私との温度差があって当たり前かと自分なりに納得した。自分のお腹の中に待ちに待った赤ちゃんがいる(まだ袋だったけど)ということが、何より嬉しくて、その日はルンルンで家路に着いた。

 

注意;私はこの日病院で看護婦さんに「妊娠検査は婦人科では無くて、産婦人科で予約してもらうものだから、気を付けてね。」と言われました。私はこの時、以前通っていた不妊治療(タイミング法を行ったり、プロラクチンというホルモン数値が高かったので、カバサールというお薬を処方していただくために通っていました。)の病院にて妊娠検査をお願いしたのですが、婦人科と産婦人科が午前と午後で分かれていたようで、間違えて『婦人科』を予約してしまいました。

皆さんはお間違えのないようお気を付けください。

次の記事:奮闘記2:責任感と後悔

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です