出産祝い金とは?だれが受けられるの?申請方法は?

※こちらの制度は、自治体ごとに内容や有無が異なりますので、必ず居住地の自治体HPをご確認ください。

①出産祝い金とは?

出産祝い金とは、

出産を祝福することを目的に、誕生児に対し祝い金や記念品を贈呈する制度

のことです。

例えば、東京都の渋谷区では「1人の出産につき限度額100,000円」が支給されます。また、東京都の世田谷区では、「出産費用の援助:第3子以降の出産費の一部を助成(上限額6万円)」という制度となっていたり、神奈川県の秦野市では、「新生児1人につき3万円を支給」する制度となっているようです。

※各自治体で異なりますので、こちらや居住する自治体HPを必ずご確認ください。

 

 

 

 

②出産祝い金ってだれがもらえるの?条件はあるの?

対象者はだれかということですが、主に下記3つに該当する方が対象となります。

  1. 出産した方
  2. 各自治体に居住し、住民登録があり、納税している方
  3. 健康保険に登録している方

 

東京都渋谷区では、条件として以下を設定しています。

  • 妊娠12週を超えて(85日以上)出産し、出産日の3か月前から申請日現在まで継続して区内に住民登録があり、健康保険に加入している人

 

③出産祝い金っていくらもらえるの?

内容については、各自治体によって異なります。

例えば、東京都の渋谷区では「1人の出産につき限度額100,000円」が支給されます。また、東京都の世田谷区では、「出産費用の援助:第3子以降の出産費の一部を助成(上限額6万円)」という制度となっていたり、神奈川県の秦野市では、「新生児1人につき3万円を支給」する制度となっているようです。

※各自治体で異なりますので、こちらや居住する自治体HPを必ずご確認ください。

 

⑤出産祝い金の審査結果の通知はいつ?助成金の支給日はいつ?

こちらも各自治体によって異なりますので、必ず居住する自治体HPご確認ください。

東京都渋谷区では、「申請日のおおむね翌月末」までに、指定の銀行口座に振り込まれるようです。

 

⑥出産祝い金は、どこで、どうやって申請したらいいの?申請には何が必要?

こちらも各自治体によって異なりますので、必ず居住する自治体HPご確認ください。

 

東京都渋谷区では、申請書に必要事項を記入するとともに、下記の必要書類と共に、窓口に提出し、申請します。

〒150-8010(住所不要)
渋谷区役所国民健康保険課給付係へ郵送または庁舎6階国民健康保険課給付係・出張所・区民サービスセンター窓口

申請に必要な書類は下記4つとなります。

  1. 申請書 ※こちらでダウンロードし、記入します。記入例はこちらです。
  2. 出産の事実を証明する書類
    (例)母子手帳1頁目の「出生届出済証明」の写し、出生証明書など
  3. 申請人の加入している健康保険証の写し(渋谷区国保加入者は不要)
  4. 付加給付金額を証明する書類(渋谷区国保、全国健康保険協会加入者は不要)
    (例)出産育児一時金支給決定通知書の写し、加入健康保険ホームページの写し、加入健康保険が発行している出産の手引きなど

 

申請の期限としては、東京都渋谷区では下記のように定まっています。

  • 「出産日」から起算して1年以内

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です